和歌山県下津町 鈴木農園   みかんの産地直送販売、適度な酸味のある昔懐かしい味をお届けします。
 ご購入は鈴木農園へ
TOPへ| 商品情報 | みかんについて | 我が家の暮らし | 周辺情報 |お問い合わせ
Information
我が家のみかん
農薬の使い方
安心と美味しさを
お届けするために
shooping
ご注文の前に
個人情報の保護
特定商取引法
送料
お客様の声
お問い合わせ
品種紹介
 早生みかん
 貯蔵みかん
 ポンカン
 イヨカン
 ネーブル
 八朔
 清見オレンジ
 デコポン
 セミノール
 甘夏
レモン
 ダイダイ
 スダチ
 極早生みかん
柚子
品種一覧
 
和歌山県下津町から 鈴木農園が 昔ながらのみかん をお届けします。

昔ながらのみかんとは、鈴木農園のみかんを食べた方から、
『適度な酸味のある、昔食べた懐かしい味がする』
そんな感想を沢山いただいた事から名前をつけました。

懐かしい味の秘密は、栽培方法にあります。
農園では1990年以来、除草剤の使用を取りやめました。
以来、家族全員で草刈をしてみかんの栽培を続けています。
農薬についても必要以上の利用を制限し、
みかん本来の味をお届けすることを心がけています。
  
  
  


 これは戦前、戦中に果実の素性を明記するために使われていた判です。

 方横山
 これは産地を示すものです。
 日当たりのよい南向きで、海からの潮風を受ける条件の良い土地です。

 一つ一つ石を積みあげて出来た石垣は、段々畑を形成しています。
 地温の上昇をたすけ、排水性にも優れ、みかん作りを支えてきました。


     





私の住む下津町は、昔からみかんの町として知られています。

古くは神話時代、田道間守が垂仁天皇の命により、
非時香菓を探し求め、海外から持ち帰ったとされています。
下津町の橘本神社に植えられ、
今も『蜜柑・お菓子』の始祖として祀られています。



この土地では昔から貯蔵みかんの栽培が盛んに行われてきました。
古くは江戸時代、少しでも長くみかんを食べたいと考え
土壁の蔵に貯蔵しました。(貯蔵風景はこちら)
 
「沖の暗いのに白帆がみえる、
          あれは紀州のみかん船」 

と俗世に歌われる紀ノ国屋文左衛門船出の地でもあり、
鈴木農園の一番の特産品でもあります。

お召し上がりください。
お客様の声 みかん直売所へ
〒649−0111 和歌山県海南市下津町方477  鈴木農園 
tel 073−492−1062 fax 073−492−1316
 メール suzuki@mikanfarm.com
−Copyright(c) 2001〜 suzukimikanfarm. All rights reserved.